借地権とは何か

Posted by

最近、新しいタイプの居住地として借地権付き物件というのが話題になっています。借地権というのは、他人の土地を建物利用などの目的で、地代を支払って借りることのできる権利のことを言います。つまり、土地は他の人であるものの、その上にある建物は自分のものであるということになります。メリットとして、土地の固定資産税や都市計画税の負担がないこと、土地は自分で購入しないために不動産の購入時にその費用を抑えることができたりというメリットがあります。立地の良いところにあるところも多いため、リーズナブルに良い物件に住むことができることも多いです。また、端から見ても借地権物件であることはわからないですから気にすることなく住むこともできます。

しかし、住むにあたって土地が自分のものではないということに不安があるものです。万が一突然立ち退きを命じられてしまうことはないかとか、賃料が上がってしまうことがないかとかという不安があるものです。また、立ち退く時に建物を売却する時にトラブルにならないか、そしてきちんと買い手が見付けられるかとこともきになるものです。そして、最近は相続して土地を手に入れる人も多いです。しかし、相続しても生活拠点がそこにないことも多く、相続した土地に住むことがない場合が多く、その土地を活用する方法として借地権物件にすることを検討する人もいます。そこで、ここではこのような借地権物件を購入前の不安としてよく出てくる相続の問題について紹介をしていきます。