借地権トラブルの対処法

Posted by

借地権の物件を相続する際に土地を所有している人、建物を所有している人ともにトラブルが起きることがありますし、条件によって複雑な問題へと発展することが多くあります。例えば、貸主が土地を手放すことを決め、建物を所有している人が土地を購入することになった時にも、土地の売却価格も負担割合というのも変わってきます。きちんと相場を踏まえ、そして道路付きなどといった条件に合ったものを選び出すためにも、困った時には専門家のアドバイスももらうことが望ましいです。

また、建物登記を子供に相続するという際に、その相続を兄弟がするという例もあります。この世代の時にも、相続する人が複数名いることでトラブルになる可能性がありますが、さらに次の最初の借主の孫にあたる世代となると相続する人がさらに増えることでトラブルに発展することがあるのです。このようなケースがあるため、建物の持ち主も土地の持ち主も他の相続する財産と調整して、土地や建物はどちらかが相続するようにするか、相続の段階で土地を買い取り建物と合わせての相続にしたり、建物を手放して現金にしたりというように、孫の代のトラブルを回避できるようにしておくことが望ましいです。

他にも立ち退きが言い渡されたり、相続や贈与の際の税金のことなど、借地権の際には複数のトラブルが起きることがあります。一般的な土地の問題よりも複雑な問題が多いですから借地権の相続は専門家に相談をした方が適切な対応ができるのでオススメです。