借地権トラブルの対処法

借地権の物件を相続する際に土地を所有している人、建物を所有している人ともにトラブルが起きることがありますし、条件によって複雑な問題へと発展することが多くあります。例えば、貸主が土地を手放すことを決め、建物を所有している人が土地を購入することになった時にも、土地の売却価格も負担割合というのも変わってきます。きちんと相場を踏まえ、そして道路付きなどといった条件に合ったものを選び出すためにも、困った時には専門家のアドバイスももらうことが望ましいです。

また、建物登記を子供に相続するという際に、その相続を兄弟がするという例もあります。この世代の時にも、相続する人が複数名いることでトラブルになる可能性がありますが、さらに次の最初の借主の孫にあたる世代となると相続する人がさらに増えることでトラブルに発展することがあるのです。このようなケースがあるため、建物の持ち主も土地の持ち主も他の相続する財産と調整して、土地や建物はどちらかが相続するようにするか、相続の段階で土地を買い取り建物と合わせての相続にしたり、建物を手放して現金にしたりというように、孫の代のトラブルを回避できるようにしておくことが望ましいです。

他にも立ち退きが言い渡されたり、相続や贈与の際の税金のことなど、借地権の際には複数のトラブルが起きることがあります。一般的な土地の問題よりも複雑な問題が多いですから借地権の相続は専門家に相談をした方が適切な対応ができるのでオススメです。

借地権の相続

借地権物件に住んでいて、貸主が亡くなりその子供や家族に相続がされた際に、新しく契約を結び直すことになります。そうすると新たに土地の賃貸借契約を結ぶことになります。そうすると、もともとの土地契約の内容と変わってしまったり、契約を終了させたいという申し出がされてしまったりすることがあります。また、建て替えを検討していることを伝えると、それを承諾してもらえないというようなこともあります。そうすると、話し合いで決着がつかなくなってしまうと弁護士をたてて相談をしなければならないこともあります。

もちろん、貸主にある程度の権限があるため、このようなトラブルを絶対に防ぐことは難しいものです。相手にも都合がありますから、急にまとまったお金が必要となることもありますし、社会情勢によって家賃を変更したいと思うこともあります。このような時に直接貸主と契約を結んでいると、貸主本人とやり取りをしなければならず不快な思いをしてしまうこともあります。相手によってこのような場面での対応は変わってくるものですから、不動産会社を仲介することや契約書をしっかり確認してトラブルを防げるような内容になっているかを確認しておくことが重要です。

また、自分自身に何かがあった時にも、土地は相続できないけれどもその上の建物だけは相続できるという複雑な状況が起きます。そのため、自分自身の生きているうちに名義変更の手続きや了承を取ることがお勧めです。

借地権とは何か

最近、新しいタイプの居住地として借地権付き物件というのが話題になっています。借地権というのは、他人の土地を建物利用などの目的で、地代を支払って借りることのできる権利のことを言います。つまり、土地は他の人であるものの、その上にある建物は自分のものであるということになります。メリットとして、土地の固定資産税や都市計画税の負担がないこと、土地は自分で購入しないために不動産の購入時にその費用を抑えることができたりというメリットがあります。立地の良いところにあるところも多いため、リーズナブルに良い物件に住むことができることも多いです。また、端から見ても借地権物件であることはわからないですから気にすることなく住むこともできます。

しかし、住むにあたって土地が自分のものではないということに不安があるものです。万が一突然立ち退きを命じられてしまうことはないかとか、賃料が上がってしまうことがないかとかという不安があるものです。また、立ち退く時に建物を売却する時にトラブルにならないか、そしてきちんと買い手が見付けられるかとこともきになるものです。そして、最近は相続して土地を手に入れる人も多いです。しかし、相続しても生活拠点がそこにないことも多く、相続した土地に住むことがない場合が多く、その土地を活用する方法として借地権物件にすることを検討する人もいます。そこで、ここではこのような借地権物件を購入前の不安としてよく出てくる相続の問題について紹介をしていきます。